取り組み

院内がん登録室

院内がん登録室概要

がんセンター設立と同時に設置された院内がん登録室は、2007年1月1日診断症例から「がん診療連携拠点病院等 院内がん登録 標準登録様式」に則って、専従のがん登録実務者(診療情報管理士)による登録を行っています。

 

院内がん登録室が行う業務

2010年4月1日から、「都道府県がん診療連携拠点病院等の整備に関する指針」に掲げられている業務を開始、「がん登録等の推進に関する法律」施行後は、「院内がん登録に関する指針」に基づいた運用、業務を行っています。

 

・佐賀県内の院内がん登録のデータの分析、評価等について

佐賀県がん診療連携協議会広報誌

・がん登録関連の情報、研修会開催等の通知方法について

がん登録セミナー情報提供システム

・がん登録実務者の育成について

がん登録e-learningシステム

 

院内がん登録情報の取り扱いについて

院内がん登録情報の全国(地域)がん登録への提供

院内がん登録による予後調査(地方自治体・国の機関・他の医療機関への照会)

院内がん登録情報を元にした臓器別がん登録への情報提供

院内がん登録情報の全国集計への提出

などについて行いますが、個人情報保護について細心の注意を払い、作業を進めております。皆さまのご理解とご協力の程よろしくお願い致します。

 

院内がん登録から見た当院の現状(がん診療連携拠点病院全国集計結果(2013年))

施設別登録数

登録数の割合

 

当院は、胃・食道がん、泌尿器系のがん、大腸がん、子宮・卵巣がん、血液腫瘍を多く診ている病院です。

 

院内がん登録についての詳細は、下記「国立がん研究センター」をご覧ください。

国立がん研究センター

 

 

TOPへ